日常英会話

英語勉強の効率を極限まで上げる方法!つまらない勉強はサヨナラ!

”8割の英語学習者が英語習得に挫折する”というデータがあるのはご存知でしょうか?

ほとんどの英語学習者は勉強効率の悪さから、なかなか上達を感じる事ができず、「つまらない」と感じてしまい、英語学習に飽きて止めてしまいます。

今回はそんな8割の挫折率を誇る英語学習はどのように勉強したら効率良く、楽しく勉強できるのか筆者の経験談を基に紹介していきます。

8割の挫折者がいる英語勉強方法って?

①本屋で単語帳&文法参考書を購入

⬇︎

②1ページ目から本に沿って英語勉強

⬇︎

③数ページ〜十数ページで飽きて勉強中止

⬇︎

④「本代が勿体無かった〜」と後悔

私たち日本人が小学生や中学生の頃から行ってくる英語勉強というのは、単語帳にある英単語をひたすら覚えて、文法参考書にある問題を解くというものです。

その習慣のせいか大人になって英語勉強を始めようとする英語学習者のほとんどは本屋やインターネットで人気の単語帳と文法参考書を購入して、問題を解き、暗記するという学習方法です。

ぶっちゃけ、この英語学習方法は”効率が悪い”です。

効率が悪い英語勉強のために、ほとんどの学習者は自分の成長をなかなか実感する事ができず、つまらないと感じてしまい、英語勉強を挫折してしまいます。

最終的には多くの方が「本代が勿体無かったな〜」と感じる、感じた事があるはずです。

筆者も効率の悪い英語勉強をしていたために何度も挫折しました。

英語勉強の効率を上げる方法

自分に合った勉強法を探す

英語勉強を始めようかな〜、始めたけどつまらない〜、と感じているアナタにもきっと趣味や好きな事があるはずです。

例えば以下のような趣味があるでしょう。

映画鑑賞、音楽を聴く、アニメ視聴、Youtube視聴、インスタ投稿、ブログ作成、資格取得、スマホ操作、アルバイトでお金稼ぎ

例を挙げだしたら切りがありませんが、人それぞれに趣味や好きな事がきっとあるはずです。

その趣味を英語学習に活かすことによって、遥かに効率良く、継続的に英語習得をする事ができます。

過去の記事に色々な英語勉強法を紹介しているので参考にしてください。

ジブリで英語勉強

洋画や洋ドラマで英語勉強

洋楽で英語勉強

アニメで英語勉強

アルバイトで英語勉強

インスタで英語勉強

資格取得で英語勉強

ぶっちゃけ、英語は英語の教科書だけから学べるという訳ではありません。

数え切れない程の英語勉強方法があるので自分に合った英語勉強を探した方が大きな効率が得られます。

英語で書かれた参考書を利用

中には、特に趣味や好きな事が無いという方もいるでしょう。

そういう方は我々日本人が小学校から行ってきた勉強法でも構いませんが、少しでも効率を上げるために以下で紹介する筆者が実際に行った勉強方法を試してみてください。

ビックリする効率の良さから英語勉強が病み付きになってしまうかもしれません。

筆者が1ヶ月で1000英単語を覚えた方法

文法の勉強は英語で書かれた参考書を利用

三日坊主の筆者でも↑の方法で3000語を2〜3ヶ月で覚える事ができ、英文法の参考書も最終ページまで終える事ができました。

まとめ

世の中にはアナタの想像する英語勉強方法だけではなく、実は色々な種類の勉強方法があります。

その中でも、効率の悪い勉強法と効率の良い勉強法があるので知っておく必要があるでしょう。

単語帳や文法参考書を購入→1ページ目から本に沿って英語勉強→「本代が勿体無かった〜」と後悔

・趣味がある方→趣味に英語を取り入れる

・趣味がない方→筆者が試した方法を試してみる

小学校や中学校からの学習習慣のせいか、ほとんど英語学習者が行う勉強方法が悪い例です。そして、この方法で英語勉強した人のほとんどが挫折しています(挫折率80%とも言われている)。

そこで英語学習を始める方に試して欲しい方法として「趣味(好きな事)に英語を取り入れる」という方法です。自分の好きな事に英語を取り入れる事によって効率は間違いなくグンッと上がります。

ですが、筆者のように特に趣味が無いという方もいると思います。

そんな方にはぜひ筆者が試した方法を実践してみて欲しいです。

コレから英語勉強を考えているあなたも英語勉強に挫折した80%の仲間入りしないためにも効率の良い英語勉強をして、英語勉強が楽しいと感じるようになりましょう!
英単語の覚え方はコレ一択!英語嫌いな私が6000個覚えた方法英単語の勉強ってつまらないし、辛いですよね? 1ヶ月で1000単語、3ヶ月で3000単語を簡単に、苦労せずに覚える方法があるとした...
【英語勉強で必要なもの5選】コレだけで日常会話は完璧【初心者必見】アナタは英語勉強する時には何を使用して勉強していますか? 筆記用具であればシャーペン、鉛筆、ボールペン、色ペン、下敷き ...