日常英会話

【英語勉強一切不要】シャドーイングで英語が話せるようになる理由

スピーキング、リスニングなどは一切勉強せずに英語が話せるようになる方法を知っていますか?

英語勉強に興味のある方であれば一度は聞いたことがある「シャドーイング」

実はこれが英語能力向上に一番有効的だと言われています。

シャドーイングってなに?

シャドーイング…英語の音源を再生してスピーカーが話している英語を少し遅れて真似して発音する練習のことです

一見簡単じゃんと思われるかもしれませんが、やってみるとかなり難しいです。

僕も最初は全然できなくてとても恥ずかしい思いをしました。

⬇︎のYouTubeは僕の尊敬するatsueigoさんのシャドーイングをしている様子です。

確認してもらえればどんな感じでやるのかを掴めると思います。

シャドーイングの種類と注意点

シャドーイングには3種類の方法があります。

①音源を聴いた数秒後に自分が発音する

②音源を聴き、音源が次の文章を話し始めたら自分が1つ前の文章を発音し始める

③音源と同時に自分も発音する

一般的に①、②の方法を私たちはシャドーイングと呼び、③の方法をオーバーラッピングと呼びます。

オーバーラッピングは初心者にあまり効果がなく、主に通訳者が的確に通訳をするための練習法として用いている方法です。通訳者は英語を聞いた瞬間に日本語に翻訳しなければならないのでこういったトレーニングを積むそうです。

個人的にオススメなのは①、②の方法をひたすらやることです。②はかなり難しいので①から始めて問題はありません。毎日毎日5分〜10分程度で良いのでコツコツとやりましょう。

どんな効果があるの?

シャドーイング練習からはリスニングとスピーキング能力が鍛えられると言われています。

自分の口で発音するためには全神経を集中させて音源が何を言っているか聞き取る必要があるので、まずここではリスニング能力が上昇します。

そしてネイティヴスピーカーの英語をそのままコピーして話そうとするために音源に近い発音の英語を手に入れることができる、つまりスピーキング能力が向上すると言われています。

普段私たちがリスニングやスピーキングを練習する際にはどうしても頭が日本語脳になっているために日本語を考えようとしてしまいますが、シャドーイングではそんな時間は一切ないので必死に聴いた英語を英語のままアウトプットすることができます。

その結果日本語脳を少しづつ英語脳に近づけることができると言われています。

教材は何を使ったらいい?

自分のレベルに合わせた教材を探しましょう。もし真似したい発音を持っている人がいればその人の真似をしてみるのもアリです。

ちなみに僕はスティーブ・ジョブスが大好きなので1年間ひたすら彼の真似を毎日していました。

初心者にオススメ…ディズニーやアニメなど

中級者にオススメ…自分の好きな有名人のインタビューやドラマなど

上級者にオススメ…自分の好きな洋画や洋楽など

TOEIC勉強者にオススメ…TOEICリスニング問題

本屋さんでもシャドーイング専用の本を購入することができます。

特に玉井健さんはシャドーイングの研究を重ねて、多くのシャドーイングに関する本を出版していることで有名です。

シャドーイングのやり方は?

①3〜5回聞き流す

まずは自分の選んだ音源を聞き流しましょう。この時に何について話しているのかを大まかに理解できれば文句なしです。

②スクリプト(英語字幕、英語台本)を見ながら聞き流し

この時には自分の知らない単語と言い回しを全て別紙に書き写して辞書で調べてください。知らない単語は聞き取ることができないので全て覚えるようにしましょう。

③シャドーイング(スクリプトを見ながら)

①〜②が終わったら実際にシャドーイングをやってみましょう!

自分の思っている以上に着いて行くことができません。頭の中では発音したい単語がいっぱいあるのに自分の口が追いつかないために何語かわからないような宇宙語を話しているような感じになります。

最初はそれが当たり前なので気にせずチャレンジしましょう!

③の段階では”どの単語とどの単語がセットになると、こんな発音になる”ということを意識しながらシャドーイングをするとより効果を発揮します。

【例】

But I(バット アイ)➡︎(バダイ)

Love it(ラブ イット)➡︎(ラヴィット)

英語には2つの単語がくっつくことによって省略されて発音される単語もたくさんあります。こういったことにも注意しながら聞き取り、発音してみるとより効果が出てきます。

④シャドーイング(スクリプトなし)

スクリプトを見ながらのシャドーイングがだいぶできるようになってきたら、スクリプトを見ずにやってみましょう。

③では結構できるように感じたのに④になると急に自分の無力さを感じることでしょう。

ですがこれも慣れれば上手にできるようになります。何事にも日々の積み重ねが大事ですね!

...