フィリピン旅行情報

フィリピンの物価に驚き!午後の紅茶が高すぎる件!

フィリピンの物価は日本と比較すると5〜10倍の差があると言われています。

そのためにフィリピンを旅行先に決める方の中には物価を第一優先で決める方も多く見受けられます。

今回の記事では東南アジアの中でも物価が安く、質の良い国であるフィリピンの物価に焦点を置いて紹介しています。

なぜ東南アジアの物価は安い?

フィリピンの物価を紹介する前に、なぜ東南アジアの物価が安いのかご存知ですか?
主な理由は、所得が低く、人件費が安いからです。

収入が低ければ必然的に生活必需品等は国全体の収入に合わせた物価になります。

当然、雇う側としては人件費が安ければ商品にあまり高くの価値を付ける必要がなくなってきます。

物価が安い国にとっては悪循環でしかありませんが、私たちにとっては安く旅行できるので好都合と言えます。

フィリピン人の平均所得はどれくらい?

フィリピン人の平均月収は5万円、年収は48万円と言われています。

しかし、そこから税金や保険料を引くと手取りは3万円くらいになります。

私の場合はダバオというフィリピンの中でも田舎の方に暮らしていたので知っていますが、実際の給料はもっと低いです。

手取り3万円の仕事はコールセンターや学校の先生などの割と給料の良いもので、その他の仕事では手取り2万円というのは当たり前のようにあります。

我々日本人と同じ勤務時間(週40時間)で月収2万円は驚きです。

日本で1日必死に働けばもらえる給料をフィリピンでは1ヶ月必死に働いてやっと受け取る事ができます。

ぶっちゃけ、海外旅行なんて1年必死にお金を貯めていけるかいけないかです。

【驚愕】フィリピン人の最低賃金と平均給料(日給・月収・年収)

フィリピンの物価ってどれくらい安いの?

フィリピンの地域によっても物価は変わりますが、平均的には以下の表です。

食べ物・飲み物の物価

水(500ml)50円
お菓子20円〜
カップラーメン50円
マンゴー(1kg) 120円〜
バナナ(1本)15円
瓶ビール60円〜
牛肉ステーキ(レストラン)400円
焼肉食べ放題(ドリンク付き)600〜800円
マクドナルド(チーズバーガーセット)250円

※地域によって多少前後

カップラーメン

日本のカップラーメンを購入する場合は少し割高となってしますが、日清のカップラーメンやフィリピン産のカップラーメンはかなり安く購入することができます。

フルーツ

フィリピンのフルーツはとても甘くて美味しいです。

特にマンゴーは日本で購入すると高いので、フィリピンに行く際にはたくさん食べておきましょう。

マンゴーの種類によって多少価格は前後しますが、1kgで大体3〜5個のマンゴーなので、1個あたりは30〜40円です。

瓶ビール

フィリピンのビールである”サンミゲルビール”を始め、海外で人気の”コロナビール”や”ハイネケンビール”、そして日本の”アサヒビール”もコンビニなどで安く購入することができます。

牛肉ステーキ、焼肉食べ放題

フィリピンには韓国料理のサムギョプサル食べ放題などが多くあり、値段は最安で600円〜というところもあります。

シーフード等も食べることのできる食べ放題では1000円〜などがあります。

嗜好品や施設料

マッサージ(1時間)600〜800円(チップ込み)
ジム(1ヶ月)2000円
タクシー(初乗り)80円
ジプニー(乗合タクシー)16円〜
ビーチ入場料300〜800円
タバコ(銘柄による)80〜120円
家賃(1LDK)2〜3万円
ビリヤード(1時間)400円
ボウリング(1ゲーム)400円(靴レンタル代込み)

※地域によって多少前後

マッサージ

日本人が東南アジア旅行で必ず行くと言っても過言ではないマッサージ。

コースにもよりますが一般的なコースでは1時間600円〜800円となっています。

タクシー料金

旅行時には必ず利用するタクシーは日本に比べてかなり安く、初乗りは80円からです。

結構な距離を移動しても600円とかなので、正直ボッタクリにあった時は1000円程度渡して撤退しましょう。

揉め事や命に関わる喧嘩になる前に1000円程度渡して逃げた方が無難です。

ジプニー

フィリピンで生活を始める際には必須になる乗り物です。

初乗りは16円〜で、40円程度で結構な距離を移動できます。

タバコ

基本的に日本にある銘柄はほとんど置いてあり、日本と比べてタバコにかかっている税金が低いために超低価格で購入することができます。

アイコスなど電子タバコを使用している場合は日本から持っていきましょう。

日本の商品

日本食の安いところ(夕飯)300円〜
日本食の高いところ(夕飯)1000円〜
午後の紅茶(1L)1000円
ダイソー商品200円〜

※地域によって多少前後

日本食

フィリピンには日本人向けのレストランと現地人向けのレストランがあります。

現地人向けのレストランではラーメン屋や丼物が300円〜と低価格で食事をすることができます。

日本人向けのレストランでは新鮮な刺身や日本のようなお客さん向けのサービスがあります。

定食は日本と同じ価格ほどになってしまいますが日本と変わりない質の料理が提供されます。

日本の商品

輸入代もあるために日本で購入するよりも高いです。

特に僕が驚いたのは午後の紅茶です。

日本では400円程度で購入できるのにフィリピンでは1100円もします。

そして日本人では知らない人はいない”ダイソー”はフィリピン全土にあります。

88ペソ均一と言われており、値段は約200円と日本の2倍の価格で売られています。

まとめ

フィリピンの物価は5〜10倍ほど日本に比べて安いが、日本の物を購入しようと思うと2倍以上に高いです。

最近では老後、定年退職後はフィリピンで生活する人も増えており、家賃を含めて月に5万円あれば生活できると言われています。

月に5万円あればフィリピンでは結構贅沢な暮らしができます。

物価を利用してビジネスなんかをしている人も多くいるのも現実です。

【ダバオ】安い・美味しい・おすすめレストラン【7選】長期間滞在者にとって毎日の外食は費用がかかるため出来るだけ安くて美味しいご飯を食べたいものです。僕はお金がギリギリの状態で2年間フィリピ...
【考えられないフィリピン文化15選】離婚禁止?フィリピンタイム?世界では当たり前のようにあるけど、フィリピンにだけ無い法律ってご存知ですか? キリスト教が中心の国だからこそあり、私たち日本人には...