TOEICのコツ

「TOEICは意味がない」は大嘘。スコアが英語力に比例する理由

日本では多くの人が「TOEICは意味がない」と思い込んでいます。それもそのはず、日本では昔から”資格はあくまでもテクニック(試験対策)を覚えるだけ”という考えがあります。

多くの日本人はTOEIC勉強したこともないのに、TOEICは試験対策をすれば数週間や数ヶ月で高得点(800点以上)を取れると言い切ります。

しかし、実際はTOEICの高得点はそんな簡単に取得することはできません。

筆者は英語を話せるようになりたい、TOEICで高得点を取りたいと思って英語留学を約2年間してようやく845点を取得することができました(留学当初は超初心者でした)。

今回は英語留学約2年(TOEIC勉強3ヶ月)、TOEIC受験3回、スコア845点の筆者が実際にTOEICを勉強してみて、

”本当にTOEICは意味がないのか?”

”TOEICで800点以上取るにはどれくらいの時間が必要なのか?”

”どれくらいTOEICスコアが英語力に比例するのか”

上記3つについて思うことを紹介していきます。

「TOEICは意味がない」って本当?

「TOEICは意味がない」は嘘です。

「TOEICは意味がない」と思い込んでいる方が多くいると思いますが、メリットの方が多いです。

TOEICの高得点を所持していることによって色々なメリットがあります。

TOEIC高得点所有者のメリット

・就職、転職、昇進に有利

・仕事の幅が増える

・特別手当が貰える場合がある

・大学入試に有利

・自信が付く

TOEIC高得点を所持していることにより、職業や給料に関係してくることもあります。

【TOEICで高得点】スコア別得られる職業、高得点メリット

高得点でも英語を話せない人がいる?

日本では「高得点所持者でも英語を話せない人がいる」というのは有名な話です。

筆者の経験上、高得点所持者の英語能力はそれなりに高いし、英語力はスコアに比例すると思っています。

確かにTOEICにはライティングとスピーキングのテストがありませんが、高得点を取ることが可能な方はそれなりにどちらもできます。

「高得点でも話せない人がいるからTOEICの意味はない」と多くの日本人は言いますが、少なくとも日本に住んでいる一般の人達よりかは上手く話すことができるでしょう。

僕はTOEIC900点以上を持っていて英語が話せない人には会ったことがありませんし、TOEIC800点以上で英語が全く話せない人には会ったことがありません。

テクニックで回答できるからTOEICスコアは意味ない?

「問題集で問題と解答を何度も繰り返して覚えるだけなら、結局TOEICは意味ない」という意見もありますが、TOEIC800点取得に必要な英単語(約8500語)をそう簡単に覚えることはできません。

確かにTOEICには少なからずテクニックが必要とされ、市販の問題集から学ぶことができますがそれ以上に英単語が重要となります。

テクニックを学ぶ以前に英文法や英単語(約8500語)を覚えていなければいけないので、それなりに時間が必要であり、それらを学ぶ間にかなりの英語力が付きます。

「TOEICテストはテクニックがあるから意味ない」と言うのであれば、大学受験や司法書士にも赤本、過去問、専門学校があってテクニックを学べるので意味ないと言えますね。
何故かTOEICに対する世間の目は痛いです。

【起床、就寝時のたった1時間?】1ヶ月で1000英単語覚えるコツ

TOEIC800点以上の勉強時間は?

英語初心者からTOEIC800点を取得するには最低でも”1500時間”は必要。

TOEIC800点以上を取得するためには、英文法や8500語近くの英単語を覚える必要があります。

コレを1から勉強する場合は最低でも”1500時間”が必要となります。

筆者は2000時間〜2500時間ほど勉強した気がしますが。

コレだけ時間を費やして覚えた英語が意味ない訳ありません。普段話さない場合でも英語の基礎である文法や頻繁に使う単語を忘れることはありません。

※TOEIC600点取得までの必要勉強時間については別記事で書いてます

TOEICスコアって英語力に比例するの?

TOEICスコアは100%正確ではありませんが、英語力に比例します。

筆者の周りや自身の経験上、運によって50〜100点は前後はしますが、それなりに受験者の実力に比例した点数が出てきます。

初心者がブッツケ本番でどれだけ運が良くても800点以上を取ることは絶対にできませんし、前回845点の筆者が無勉強で900点以上を取るのもかなり難しいと考えます(同じテストを2回やっても無理かも)。

四択問題(25%)が意外と当たらないんですよね〜。

実際に筆者はTOEIC勉強を経験していますし、語学学校で勤務していた経験があるために、1週間ほど英語で会話して実力をみると”単語力”と”英文法力”からどれくらいのTOEICスコアを取得できるのか大体分かります。

まとめ

TOEICって意味ないの?

・TOEICは意味がない?→意味あります。高得点を持っていればメリットが沢山あります。

・高得点でも話せない人がいる?→800点以上の方は話せます(ネイティブほど流暢ではない)。

・テクニックで高得点が取れるなら意味ないのでは?→日本人は”テクニック”と言いますが、800点以上を取るためには英文法と英単語8500語以上覚える必要があるので、それなりの英語力が必要となります。

日本人は「TOEICなんて意味ない」「TOEIC800点、900点なんてちょっと勉強したら取れる」と言いますが、実際に勉強してみるとかなり難しいです。

日本人でTOEIC800点以上を持っている方は、小さい頃から英語環境で生活しているバイリンガルの日本人の方、高校や大学で必死に英語を勉強した方、英語が好きで常に英語力向上を目指している方のみです。

僕はどうしてもTOEIC900点以上が欲しくて必死に必死に必死に勉強していましたが、845点で止まっています。
【TOEICで高得点】スコア別得られる職業、高得点メリットTOEICの高得点を取ることによって得られる職業の幅が広がるのはわかりますよね。 では具体的にどのような職業を得られるようになるの...
【完全無料で600点!】TOEICおすすめアプリ7選+α!「TOEIC おすすめ アプリ」と調べると25個や30個を紹介しているウェブサイトがほとんどですが、そんなに必要ありません。今回はTOE...