日常英会話

【費用が10倍違う?!】英会話教室 VS フィリピン留学の値段比較

英語学習に興味津々のあなたに必見

フィリピン英語留学と英会話教室

どっちの方が安いの?

それぞれの良し悪しがあるために一概には高いか安いかとは言えませんが、

今回はこれらを無理やり比較してみました。

 

参考までに現時点での筆者の英語学校歴は下記の通り

英会話教室(2ヶ月)

フィリピン語学学校(8ヶ月)

オーストラリア語学学校(1ヶ月)

値段比較

過去に私もいくつかの英会話教室を回って、値段や授業内容等を比較して英語を勉強していました。

仕事を辞めてからはフィリピン留学のためにいくつかの語学学校の値段や授業内容等を比較した時期もありました。

それらの実体験も含めて、値段比較をしました。

1ヶ月の費用

大手英会話教室平均月1〜2万円
フィリピン留学(授業料のみ)平均月6〜8万円
フィリピン留学(宿泊費、食費、洗濯込み)平均月11〜13万円

※初心者向けコースの授業料

上記の値段は英会話教室とフィリピン留学のサイトが、

”格安だよ”と売りにしている値段です。

 

あれれれれ?なんで?

英会話教室の方が圧倒的に安いの!?

上記の表だけを見ると、あたかも英会話教室の方が安く、フィリピン留学の方が圧倒的に高いと感じてしまうのも当たり前です。

これを見たあなたも1万円で英語勉強できるなら、ちょっと始めてみようかな?

なんて思いますよね。

全て、英会話教室の戦略にはまっています。

安心してください、月1万円で英会話教室に通っても英語を話せるようになりませんから。

話せるようになったとしても50年後です。

50年英語の勉強をしたい、1万円払い続けたいという方は続きを見なくても大丈夫です。

月1万円と月7万円の授業内容は?

月1万円の英会話教室

大手英会話教室の掲げている月1万円コースでは、

40分間の少人数グループクラス(4〜5人)を1回受けることができます。

つまり1ヶ月に4回の英語授業があることになります。

月7万円のフィリピン留学

フィリピン留学の掲げている月11万円コースでは、

50分間の少人数グループクラス(4〜5人)を20回

50分間のマンツーマンクラスを20回を受けることができます。

つまり1ヶ月に160回の英語授業があることになります。

実際に通っていた学校の値段

私が実際に8ヶ月間通っていた学校では、1ヶ月間1150ドル(宿泊費等込み)支払っていました。

授業費のみの価格は700ドルでした。

700ドル=約7万5000円

1150ドル=約12万5000円(2019/7/12)

※実際には長期留学ということで割引もありましたが、今回は1ヶ月計算します

こちらのコースでは、写真の赤枠にもある通り1日4時間のマンツーマン、4時間のグループクラスを受けていました。

フィリピン留学で1ヶ月12万5千円というのは少し高めな金額ですが、授業時間が50分ではなく、1時間のために少し高めな設定です。

 

仮に英会話教室に7万円払ってみたらどうなのか?

単純に計算して、

1ヶ月1万円のコース(月4回)× 7万円=

月28回の授業になります。

少しサービスされて月30回の少人数グループクラスといったところです。

もう皆さんもお分かり頂けた通り、英会話教室はコストが高い

とはいえ、私は英会話教室を批判しているわけではありません。

もちろん英会話教室にしかないメリットもたくさんあります。

マンツーマンとグループクラスの各値段

上記では1週間の費用について紹介しましたが、ここからは更に細かく費用を紹介していきます。

※過去の経験、実際に自分が払った金額、事前調査に基づいて計算しています

1クラス当たりの費用ってどうなの?

50分グループクラス費用

大手英会話教室10社平均2500〜3700円
フィリピン留学10校平均270〜500円

 

50分マンツーマンクラス費用

大手英会話教室10社平均5000円〜1万円
フィリピン留学10校平均500円〜650円

※雑費は含まれておらず、授業料のみの計算

軽く目を通しただけでも英会話教室では10倍近くの費用がかかることがわかります。

これにプラスで色々な費用がかかってくるので確認していきましょう。

授業費以外の雑費

英会話教室の場合

入学金0〜3万円
教材費教材費2000円〜3万円

最近では入学金が無料のところもあるようですが、平均では2〜3万円です。

入学金がかからない英会話教室は授業料がその分高いと考えても良いかもしれません。

教材費は安いところで2000〜3000円ですが、ほとんどの英会話教室では独自の教材を使用していて、教材費に2〜3万円かかるところも少なくはありません。

2〜3万円かかる教材費には、学校独自で研究した英語勉強法の詰まったCD、DVD、問題集、教科書などが含まれています。

※高いからといってクォリティーが良いとは限りません

フィリピン留学の場合

航空券(往復)4万円〜7万円
現地支払い(雑費)2万円〜3万円
お小遣い自分次第

※雑費に教材費が含まれています。

上記でも少し説明しましたが、フィリピン留学11万円〜の中には宿泊費、食費、洗濯や飲料水などの料金も含まれているために現地到着後はほとんど出費はありません。

雑費合計

英会話教室の雑費は合計で2〜6万円

安いところでは2000円程度で済むところもありますが、ほとんどの英会話教室では4万円以上かかると思った方が良いです。

フィリピン留学の場合は合計で6万円〜10万円

海外に渡航するということで英会話教室に比べて雑費は高くつきます。

まとめ

仕事を辞めて本気で英語を勉強しようと考えているあなた

高校、大学を卒業してから本気で英語を勉強しようと考えているあなた

英会話教室に行かずにフィリピン留学をオススメします。

お金と時間の無駄遣いは止めましょう。

仕事があって日本を離れることはできないけど英語を安く効率良く勉強する方法も紹介しています。ぜひ確認してみてください。

【お金に無駄のない】チケット制のオンライン英会話教室とは

...