フィリピン商売情報

【時給250円!?】フィリピン現地で就職した日本人の給料は?

フィリピン人の平均月収や年収は、私たち日本人が想像をする以上に低賃金なのが現状です。フィリピンで働いているフィリピン人の賃金は平均して日給600〜1000円、月給1万2千〜2万円、年収16〜26万円です。

今回は、フィリピンで日本人が就職、転職した場合の月収と年収はどうなるのかという内容で紹介していきます。

フィリピンの最低賃金・平均給料・ボーナスについては別記事を読んで頂ければ詳しく解説しています!

日本人がフィリピンで就職・転職した場合の給料は?

上記でも少し説明した通り、フィリピン人がフィリピンで仕事をした場合の給料は年収30万円に届かないくらいの給料です。

では日本人がフィリピンで就職した場合はどうなるのでしょうか?

もし給料が低いのであれば、わざわざフィリピンに行ってまで仕事をしたくないと考える方もたくさんいるかと思います。

日本人がフィリピンで就職・転職した場合の給料体制は2種類あります。

・フィリピン現地採用された場合(低収入)

・日本で採用された場合(高収入)

現地採用された場合

現地採用と言われてもピンッと来ない方もいると思うので簡潔に説明すると、フィリピンに何らかのビザ(観光VISA、学生VISA、退職VISA、就労VISAなど)で訪れて「フィリピン現地の企業に就職すること」です。

フィリピン現地で採用された場合の給料は上記でも説明したフィリピン人の平均所得(日給約1000円、月給約2万円、ボーナス含めた年収約26万円)の約2倍です。

つまり日本人がフィリピンで現地採用された場合の給料は、日給約2000円、月給約4万円、ボーナス含めた年収52万円となります。

もちろん日本人であれば日本語を話すことできるというスキルを持っているために、少し給料が高く設定されていたり、職種によっても給料は違いますが、そこまで大きな給料ではありません。

間違いなく新卒で現地就職、転職はしないほうが良いです。

基本給は圧倒的に安い上に、福利厚生などもフィリピン基準となってしまいます。住宅手当が低かったり、保険料を負担して貰えなかったり。

現地採用を受ける日本人の大半は、退職後にフィリピンへ移住したけど日々やる事が特にない、少しでもお小遣いを稼ぎたい人です。

日本で採用された場合

日本で採用された場合、つまり日本で就職・転職した後でフィリピンの支店を勤務先として指定されてしまった場合は「日本で採用された場合」になります。

基本的には日本で採用されて海外支店に飛ばされた場合の給料は、海外赴任となるために海外赴任手当が付き、もちろんフィリピン現地で採用された場合の給料よりも高く、日本で普通に働くよりも高くなります。

その上、福利厚生もしっかりしており、きちんとした寮やコンドミニアムの支給、海外保険の負担、インターネット料金負担などが付いている会社もあります。

フィリピンへの海外赴任は好まれませんが、日本人が考えている以上によい国です!

現地採用求人の例

現地大学の職員

※クリックで拡大可

・基本月給2万ペソ(約4万円)

・VISA負担

・日本とフィリピン間の往復航空券(条件有り)

・住宅補助5000ペソ(約1万円)

色々な情報を隠すために画像を小さく切り取っていますが、この求人(現地大学の日本人スタッフ)で示されている雇用条件は上記の通りです。この求人条件がフィリピン現地採用の平均と言って良いでしょう。

借りるアパートにもよりますが5000ペソで借りる事のできるところはほぼ100%ないので大半は自分で負担する必要がある上に、食事などの必要経費を考えると毎月残るお金は3万円ほどです。

フィリピンでは十分に暮らすことが可能ですが、あまり贅沢はできません。フィリピン人の生活基準と同じくらいで生活しなければなりません。

フィリピンでは物価が低いために企業の収益が低く、どうしても人件費も低くなってしまいます。

現地企業の従業員(日本語⇆英語の翻訳)

※クリックで拡大可

・基本月給3〜4万ペソ(約6〜8万円)

・VISA負担

・ボーナス(13ヶ月目の給料

・住居手当(金額不明)

 

こちらは日本語と英語を翻訳する仕事の求人です。日英翻訳ということで少し特別なスキルが必要となるために給料も少し高いです。

ちなみに求められる英語能力はTOEIC800点以上だったり、英語面接があったりするために少し採用の壁は高いかもしれません。

フィリピンで月給8万円の仕事はなかなかありません。

まとめ

日本人がフィリピンで仕事をした場合の給料はどうなるのか?

・フィリピンでの現地採用された場合

・日本で採用された場合

給料は、これら二つの雇用形態によって大きく変わります。

これらの二つの給料の違いはおよそ10倍あり、

「日本で採用>現地採用」となっています。

現地で採用された場合は月給2〜8万円+福利厚生(フィリピン価格)

日本で採用された場合は月給20万円以上+福利厚生(日本価格)

フィリピンで就職や転職を考えている方であれば、フィリピンに支店のある企業を選択肢して海外赴任をしたい旨を伝えましょう。

現地採用の場合は給料が低すぎるために生活もギリギリになってしまいます。対して日本での採用でフィリピンに海外赴任になった場合は高給料を貰える上に、フィリピン滞在ということで生活費も非常に安く多額の貯金も可能です。

現地採用の給料は悪いですが、仕事環境は完全にフィリピンなので日本企業とは違ってストレスを貯めずに働くことができるメリットもあります。
【驚愕】フィリピン人の最低賃金と平均給料(日給・月収・年収)貧しい国として知られているフィリピンですが、実際の最低賃金と平均給料はどれくらいなのかご存知ですか? これを知らずに日本人の金銭感...
【3ヶ月で100万円?】ワーホリで貯金っていくら貯まるの?あなたはワーホリへ何を目的として行きますか? お金?英語?友達?日本からの脱出? 理由は人それぞれあると思いますが、100%の人が少...