フィリピン留学情報

【アメリカ人公認のフィリピン英語】本当に訛りや発音は大丈夫?

フィリピンの英語についてあなたはどう思っていますか?

フィリピン留学を検討している人であれば誰しもが気になっているはず。

そしてこのサイトを見ているということはあなたも少なからず気になっているに違いありません。

今回は僕の経験から基づいてフィリピン英語について徹底解説して行きます。

参考までに僕の英語勉強歴は以下の通り

・TOEICスコアは845点(2019年4月受験)

・フィリピン留学(8ヶ月)

・オーストラリアにワーホリ(1年)

・フィリピン語学学校スタッフ(6ヶ月)

・フィリピン人講師とのオンライン英会話(2年間)

そもそもフィリピン留学が流行ってる理由って?

今や世界中の英語学習者がフィリピン留学に行きます。

その理由は大きく分けて2つあります。

①費用がかからない

②フィリピン人の英語はアメリカ人に近い

これらの2つが挙げられます。

①の費用がかからない理由については別の記事で詳しく説明していますので参考にしてください。

【実際の経験から】フィリピン留学の費用を計算してみた

今回は②フィリピン人の英語はアメリカ人に近いということについて詳しく説明して行きます。

なんでフィリピン英語がアメリカ英語に近いって言えるの?

アメリカ人が認めているから

一番信憑性が高い理由としては英語を公用語としているアメリカやアメリカ人が認めているからです。

フィリピンに行ったことがある方なら知っていると思いますが、フィリピン各地にある大型ショッピングモールSMの最上階にはアメリカの大手企業などが拠点としているコールセンターがあります。

アメリカがフィリピンにコールセンターを置く=フィリピン英語を認めているということは言わずともわかりますね。

実際にフィリピンの各地にコールセンターがあり、売り上げは世界一位となっていることから称賛高いものとなっています。

”世界一のコールセンター”とも言われています。

もちろんフィリピン人の英語だけを考慮してアメリカがフィリピンを選んでいるわけではありませんが、フィリピンの英語はそれだけ訛りがなく問題なく拠点を置くことができると認めています。

フィリピン国内の英語は基本的にアメリカン英語

皆さんもご存知の通り、英語には基本的に2つの種類があります。

アメリカン英語とブリティッシュ英語(イギリス)ですね。

これらは英語があまり上手ではない日本人にとってはほとんど同じように感じますが、実は全然違います。

身近な英単語を例えで挙げてみると、

アメリカ英語イギリス英語
colorcolour
中心centercentre
エレベーターelevatorlift
お気に入りのfavoritefavourite

少し考えてみただけでもこれだけの違いがあります。そして全て身近で使用する英単語ばかりですね。

本題に戻りましょう、フィリピンの公用語としてタガログ語という言葉がありますが商品の表記、映画、テレビ、広告などほぼ100%が英語で表記されています。

そして表記されている英語は全てアメリカン英語です。そのためにフィリピンではフィリピン人全員がアメリカン英語を使用していることがわかります。

稀にイギリス英語の方が好きだというフィリピン人もいるのでイギリス訛りがある人もいますが基本的にはアメリカ英語に近いと思ってもらえれば大丈夫です。

幼稚園〜大学は授業で英語を使用

周りの友達でフィリピンの大学に進学するという人はいませんか?

僕の周りにはたくさんいます。そして彼らがフィリピンの大学に行くことができるのは、授業全てで英語を使用するからです。

・海外の大学に行きたい

・なるべく費用は安く抑えたい

これらの条件が揃ったらフィリピンの大学一択になりますね。

フィリピンは親日国の1つでもあり、20〜30代のフィリピン人であればほぼ100%の人が英語を話せる、滞在費や食費など物価が安い、などフィリピンの大学に行く理由はたくさんあります。

映画館は90%英語

日本に住んでいる日本人は英語がわからないので映画館に行けば全て日本語になっていますよね。アメリカやイギリスの映画でも吹き替えになっていたり、字幕で日本語が画面下に付いていたり。

一方でフィリピンの映画館で上映されている映画はほとんど英語です。10本の映画が公開されているとしたら1〜2本はタガログ語の映画ですが、8〜9本は英語の映画です。

しかも日本と違って吹き替えや字幕の映画はほとんどなく、全てアメリカやイギリスの映画をそのまま上映しています。

全て英語の映画をフィリピン人は理解することができるのです。もちろん小学生や中学生にはわからないところも多いと思いますが20代のフィリピン人はほとんど理解することができます。笑うタイミングなんかも全員同じ場面なので全員理解しているのだと思います。

ちなみに日本のアニメも稀に公開されていて全て英語字幕が付けてありました。(君の名は、聲の形など)

まとめ

フィリピン人の英語はアメリカ人も認めるほど訛りもあまりなく、アメリカ英語に近いものです。

根拠としては、

フィリピンの学校では小さい頃から英語を校内で使用している、

映画館に行けば英語の映画のみ公開されている、

家ではタガログ語やビサヤ語などのフィリピン語を使用しますが一歩外に出れば全てが英語表記、

例を挙げだしたら切りがないくらいの根拠があります。

なのでフィリピン留学を検討しているのであれば訛りなどは気にせずに気兼ねなく行きましょう!ということですね。(笑)

オンライン英会話の値段を徹底比較!チケット制がお得な理由!オンライン英会話には従来の月額制と最近ではチケット制という物があります。 月額制は時間のある方にとっては安値ですが、仕事や学校で忙...