ワーキングホリデー

【ワーホリ ファーム情報】コントラクターとバッパーの違いって?

ワーホリでファームに興味のある人であれば必ず聞いたことがある言葉である「コントラクター」と「バッパー」って何だろう?

あまり変わらないでしょと言われてはいますが、実はこの2つを間違えてしまうと給料に大きな差が出てしまうことを覚えておいてください。僕は実際にコントラクターの下で働いていましたが週の収入が100ドル以下の人もいました。

100ドル以下の給料というと、レント(家賃)が100ドルだったので家賃を払ったら0になってしまいます。そこから食費などの生活費を計算すると働いているのにお金はマイナスになっていく一方の人も中にはいました。

「コントラクター」と「バッパー」の違いを把握することによってこの最悪な状況を避けることができるかもしれません。

僕がファーム生活中にもらっていた給料は過去の記事のファーム仕事欄にて紹介しています。

そもそもコントラクターとバッパーってなに?

基本的にファームで働くためには「コントラクター」と「バッパー」というものを通さなければ働くことができません。これらはファーム仕事を紹介してくれるエージェント(仲介業者)だと思っておいて大丈夫です。

私たちは現地に住んでいるオーストラリア人ではないので長期間働ける訳でもなく、英語が完璧な訳でもありません。そのために直接ファームのオーナーと交渉して仕事を得ることはできません。

例外として車を所持している人、英語が上手な人は直接ファームに出向いて履歴書を配って交渉することによって仕事を得ることも可能です。簡単なものではなく、仕事を得られる確率はかなり低いです。

コントラクターって何?

コントラクターはファーム紹介をメインとして経営している会社です。基本的に韓国人と中国人のオーナーが多く、韓国、中国、台湾、日本人のワーホリを掲示板やフェイスブックで集めてファーム仕事のためにグループを作っています。

情報サイトから連絡をして、現地到着後はLINEやカカオトークを使用してファームの行き先等が知らされます。

コントラクターのオーナーから毎日夜になると、誰が、どこのファームに、どの車で、何時に行くか指示が送られて来るので指示に従って毎日ファーム仕事を行います。

⬇︎実際に僕の入っていたチームのやり取り⬇︎

僕の上司は全然気が利かずに毎日韓国語でメッセージを送ってきました。ルームメイトの韓国人に毎日翻訳してもらってなんとか4ヶ月間のファーム生活を終えることができました。

コントラクターのメリット

・簡単に仕事を見つけることができる

・初心者には優しい

日本語情報サイトを確認すればたくさんのコントラクター情報が載っておりファームで働きたい場合は次の日から早速ファームに移動して働くことも可能です。

そしてコントラクターによっては各都市まで車での迎えに来てくれてファームまで行ったり、銀行口座の開設やタックスファイルナンバー取得を手伝ってくれるところもあります。

そのためにオーストラリアに到着して間も無く、右も左もわからない人にとっては何も心配する必要がないのでオススメできます。

コントラクターのデメリット

・給料が低い

・仕事を選ぶことができない

コントラクター最大の欠点は給料面にあります。コントラクターの持ってくる仕事は給料が低いものがほとんどです。そして給料が良くない上にコントラクターの取り分がかなり大きいです。

もちろん全てのコントラクターがこれに当てはまるとは言えませんが、インターネット上で出回っている”悪徳ファーム”と言われるものはほとんどコントラクターと言っても過言ではありません。

バッパーって何?

基本的にバッパーと言われるものはバックパッカーズの略です。

バックパッカーズはモーテルやホステルと同じように安く提供している宿泊施設です。

ですがファームがたくさんある街にあるバックパッカーズは宿泊施設のみではなく、ファーム仕事の紹介も行っています。各街にはファーム仕事を紹介してくれるバッパーとそうでないバッパーがあるのでインターネットで調べてから宿泊することをオススメします。

バッパーのメリット

・給料が良い

・仕事の種類が豊富

バッパー最大のメリットは仕事の種類を選択する権限があるのと、給料が良いことです。

コントラクターとは違ってバッパーのサービスはあくまでも宿泊施設を提供するだけです。おまけとしてファームの仕事を提供しているだけなのでそこからお金を取ったりはしません。(紹介料を支払うところもある)

自分の手柄は全て自分のものとなるために給料はコントラクターに比べて高くなります。

バッパーのデメリット

・ウェイティングがある

バッパーではファーム紹介をメインでしていないために仕事の数に制限があり、ウェイティングが発生しているところもあります。

ウェイティング…誰かが仕事を辞めて、自分の番が回ってくるまで待つ時間

短くて運が良ければ1日〜1週間後に仕事を始めることもできますが、長くて1ヶ月以上ウェイティングがあるところも存在すると聞きます。1ヶ月も無職で宿泊費や食費を支払わなければならないのは結構辛いです。

仕事を手に入れることができれば給料が高いですが、ウェイティングをしなければいけないリスクもあるために本当にお金がないのであればコントラクターを選択した方が良いかもしれません。

まとめ

コントラクターとバッパーはファーム仕事を探すには必須なものです。

コントラクターの給料は基本的に低く、バッパーの給料は基本的に高いということを知っておきましょう。

できればバッパーを探した方が良いですが本当にお金がない場合は即日から働くことができるコントラクターを情報サイトから見つけることをオススメします。

オーストラリアの悪徳ファームを見極る!騙されてませんか?ファームに行くためには意外と初期経費がかかることを知っていますか? 悪質ファームに引っかかったら大変なことになることを知っていますか?...
オーストラリアのワーホリって給料いくら貰えるの?給料明細公開!オーストラリアへワーホリに行くほとんどの方が「オーストラリアのワーホリっていくら給料が貰えるの?」という疑問を抱きます。 それも当...