TOEICのコツ

TOEIC初心者が600点を短期間で取るための参考書を紹介!

TOEIC初心者が最初に目指すスコアである600点ですが、一体どれくらいの時間がかかるのかご存知ですか?

全くの英語初心者が参考書を購入して独学で英語勉強した場合に要する時間は1100〜1500時間かかると言われています。

「1100〜1500時間もかかるの!?」

「1日3時間勉強しても365日〜500日もかかるの!?」

この数字は筆者の経験からしても妥当だと思います。

しかし、英語初心者の頃から数々の勉強法と参考書を使ってTOEIC845点を取得した筆者がこれから勉強する方に向けて、役立った勉強法と参考書を紹介していきます。

これによって勉強時間を縮めつつ、高得点を取れるようになる事は間違い無いでしょう。

ということで今回は、TOEICスコア280点→580点→630点→845点とTOEIC初心者から段々とステップを登ってきた筆者が実際に行ってきた勉強法と使ってきた参考書について紹介していきます。

TOEIC初心者が600点取る勉強法

まずは、自分のレベルを把握

インターネットで簡易的なTOEIC模擬テストを受けてみましょう。

初心者にありがちなのは「TOEICの単語帳や問題集を買ってみたものの難しいからやる気が無くなってしまった」なんて事に陥りガチ。

それを避けるために最初にやるべき事は模擬テストを受けてみて”自分のレベルを把握”する事です。

TOEIC初心者の方は300点行かないくらいの結果になってしまうと思いますが、400点近く取る事ができた方であれば600点も目前です!

ちなみに845点を取った筆者も最初は280点でしたので点数が低いからと気にする事はありませんよ!

将来的には600点で満足せず、700点や800点、いやいや900点を目指しているという方はこの段階でTOEICの問題集を購入しても良いかもしれませんね!

次に、目標と必要時間の把握

200点→300点 300〜400時間
300点→400点 300〜400時間
400点→500点 250〜350時間
500点→600点 250〜350時間

 

自分のTOEICスコアを把握できたら、次は600点取得までの必要時間を計算して1日に必要な勉強時間を把握しましょう。

表にあるように、TOEICスコアを100点上げるためには約300時間必要だとデータがあります。

筆者も280点→580点にするために9ヶ月(1日4時間)くらい勉強していたので、普通の人であればコレくらいかかるはずです。

TOEIC勉強の前に、英語の基礎勉強

TOEICの点数を求めている方はTOEICの勉強から始めてしまいガチですが、初心者の方は英語の基礎(単語、熟語、文法)から勉強していきましょう。

「英語の基礎は十分勉強したよ」と自信のある方はTOEIC勉強をしてもらって構いませんが、初心者から600点を目指すのであれば英語の基礎は必須です。

ここで必要は参考書はたった一冊で、英語で書かれた英文法参考書です!

このEssential Grammar in Use(使われている必須英文法)は世界中の英語学習者に最も使われている英文法の参考書です。

筆者も英文法の参考書を3,4冊購入しましたが、コレが一番使いやすく英語能力が上がったと自覚できました!

全て英語で書かれているために読破は並大抵の努力ではありませんが、最後まで辿り着けた方は既にTOEIC500点のポテンシャルを備えています!

基礎英語の次は、TOEIC単語の習得

“Essential Grammar in Use”を完読できた方であれば、文法的にはTOEICのリーディング問題をある程度解けるようになっています。

しかし、ここでネックとなるのが英単語です。

TOEICに出題される英単語は日常会話で使用する英単語とは全く異なるものばかりで、問題を見ても、見た事の無い英単語ばかり。

そこで必要となる参考書がこの一冊!

「金のフレーズ」に登場する英単語を6〜7割程度覚える事ができればTOEIC600点も見えてきます!

この「金のフレーズ」はTOEIC初心者に超オススメで、分かりやすく使いやすく覚えやすいです!
ここだけの話、筆者はTOEICのために複数の英単語参考書を購入しましたが、内容は”金のフレーズ”が圧倒的に良かったです。

最後は、TOEICリスニングの強化!

TOEICのリーディングは上級者でも満点取得が難しく、リスニングは比較的簡単です。

筆者のTOEIC結果を見てもらえば分かりますが、基本的にリスニングの方が点数が高くなる傾向があります。

全国のTOEIC公開テストの平均を見ても合計580点(リスニング318点、リーディング262点)というデータが出ています。

こういった事を考えるとTOEIC初心者が600点取るために頑張るべきポイントはリスニングという事です。

リスニングで400点取れれば、リーディング100問を勘で答えても600点は取れます。

TOEIC用の参考書はこちらを購入しておけば間違いなし!

「あれ?コレ最初にも見た気が…」

そうなんです、コレを一冊購入しておけば「TOEICの模擬テスト、リーディング、リスニング」の全てを学習する事ができます。

TOEIC初心者から600点、700点、990点取るためには絶対に不可欠な参考書なので遅かれ早かれ購入しておくべきでしょう。

初心者がTOEIC600点取るための勉強法・参考書まとめ

初心者がTOEIC600点取るための勉強法・参考書まとめ

①自分のレベルを把握(無料サイトまたは参考書を使用)

②目標と必要時間の把握

③英語の基礎勉強!(オススメ参考書は”Essential Grammar“)

④TOEIC単語の学習(オススメ参考書は”金のフレーズ”)

⑤リスニング強化!(オススメ参考書は”TOEIC公式問題集”)

今回は筆者の経験から「TOEIC初心者が目指すべき点数600点を取るために必要な勉強法と参考書」について解説してきました。

筆者自身、英語初心者の頃からTOEICで高得点を取るために勉強してきたので初心者の気持ちはよ〜く分かります。

勉強法を知る事や参考書を購入する事は簡単ですが、続ける事が一番難しいです。

特に、英語初心者のうちからTOEIC勉強をいきなり始めてしまうと挫折してしまいガチですので、基礎文法や基礎英単語からの勉強を徹底してやっていきましょう!

【完全無料で600点!】TOEICおすすめアプリ7選+α!「TOEIC おすすめ アプリ」と調べると25個や30個を紹介しているウェブサイトがほとんどですが、そんなに必要ありません。 今回...
TOEICリスニングで高得点を取るコツ、読むだけで点数アップ!あなたはTOEICで何点を目指していますか? どうせお金を払って受験するなら800点?900点?など高得点を取ってみたいと思いませんか...
TOEICスコアを飛躍的に伸ばすなら【スタディサプリ】

テレビCMでも話題の「スタディサプリ」が今だけ1週間無料で体験できます。

・最短でTOEIC600点以上欲しい方

・今のTOEICスコアで満足していない方

・他人にリードして貰わないと中々勉強できない方

上記に当てはまる方は、スタディサプリTOEIC対策コースを受講してみてください。

気に入らなければ1週間以内に止めればオッケー!