ダバオお役立ち情報

【最新版】雨の日でも楽しめる!ダバオのオススメ観光地5選!

フィリピンのダバオには6月〜11月に雨期があり、夜になると毎日のように雨が振ります。この時期、日本では夏休みなので旅行に行く方を多く見受けられますが、「雨降ってるし最悪〜」と感じる必要はありません!

雨でも楽しむことのできる観光地もたくさんあるので、今回は定番スポットから地元民しか知らない穴場スポットまで雨の日に観光を楽しめるようなところをご紹介します!

日本では体験できない実弾射撃【Gold Cup Shooters Club】

やはり海外に行ったら、海外でしか体験できないこと体験したいと思いませんか?そんなあなたにピッタリな観光地はこの射的場です!実はこの実弾射撃場は地元民しか知らない隠れた観光地。

あまり目立たない場所にあるために、現地に住んでいる方から情報を貰わないと辿り着くことができません。

そんな隠れたスポットを今回は紹介します!

基本情報

観光地名称:Gold Cup Shooters Club

住所:93 Lapu-Lapu St, Poblacion District, Davao City, 8000 Davao del Sur

電話番号:+63 82 305 0733

営業時間:月〜金(9:00〜18:00)土(9:00〜17:00)

定休日:日曜日

料金:1000P(2000円)〜

アクセス

ダバオ空港からはタクシーで約20分

ダバオの中心地(Gmall)からは約10分で行くことができます。

Gmallからはジプニーも出ているために費用を抑えたい方は16円〜20円で行くこともできます。

費用詳細

費用は銃の種類や弾数、人数などによるために細かな値段はわかりませんが、1人1000〜1500ペソ(2000〜3000円)あれば楽しむことができます。

僕は友達と4人で行って一人2000円ほどでした。

ハンドガン以外の銃を選択した場合はもっと高いかもしれません。

射撃は不安という方へ

フィリピン人の従業員の方が何度も優しく教えてくれるために心配する必要はありません。僕も最初はとても不安で緊張していましたが、一人で撃てるようになるまでは後ろで腕を支えてくれたために安心して楽しむことができました。

不安だな〜と感じる方でも気軽に行ってもらって大丈夫です!

何だか不思議な気分になる【D’Bone Collector Museum】

フィリピン観光省による「注目の博物館トップ5」にも選出されたことのある動物の骨格標博物館。中にはおよそ3000種類の骨格標本があるのだとか?!

圧倒される骨格標本の数と、普段はあまり目にしない骨ということで、少し不思議な気持ちになりつつ、博物館内の雰囲気には圧倒されること間違いありません。

基本情報

観光地名称:D’Bone Collector Museum

住所:San Pedro St, Poblacion District, Davao City, Davao del Sur

電話番号:+63 919 624 0744

営業時間:月〜金(10:00〜17:00)土(13:00〜17:00)

定休日:日曜日

入場料:100ペソ(200円)※英語ガイド付き

アクセス

街からは少し外れた場所にあるために、空港からはタクシーで40〜50分、ダバオ中心地からは20〜30分程度かかります。

ナイトマーケットに近い場所にあるので、雨が降っていなければ帰り際にナイトマーケットに寄っていくのもアリです。

さかさまの世界を体験できる?!【Upside Dwon House Museum】

目の錯覚を利用して家の中がさかさまに見えるようなトリックアートを楽しむことのできる博物館。フィリピン人の写真のセンスは日本人に比べて圧倒的なので、そういったところも観察してみると面白いかもしれません。モデルと写真家のような雰囲気で写真撮影を楽しんでいます(笑)。

雨の日でも施設内にあるために十分に楽しむことができるため、日本に帰国前には行ってみたい観光地の1つです。

基本情報

観光地名称:Upside Dwon House Museum

住所: Dacudao Ave, Agdao, Davao City, Davao del 

電話番号:+63 942 965 8454

営業時間:毎日営業(9:00〜21:00)

定休日:なし

アクセス

タクシーで空港からはおよそ40〜50分、GモールやSMモールからはおよそ10〜15分の距離にあります。ジプニーに乗って行くこともできます。

ダバオで一番大きいモールと言えば【Gaisano Mall of Davao】

Gaisano Mall通称「ジーモール」と地元民から言われるこのモールは、ダバオの中心街に位置しており、ここで買えない物はないというくらい品揃えが良いモールです。

日本でも流行っているタピオカのショップは5件以上入っている上に、日本食、日本のアニメグッズ、美容室、ネイルサロン、薬局、スーパー、映画館、ナイトクラブなども入っています。

お腹が空いた時はジーモールに行けば間違いありません!

基本情報

観光地名称:Gaisano Mall of Davao

住所: J.P. Laurel Ave, Obrero, Davao City, 8000 Davao del Sur

電話番号:+63 82 222 1411

営業時間:毎日(10:00〜21:00)

定休日:なし

アクセス

空港からはタクシーに乗って約30分ほどで行くことができます。

Gmallがある辺りがダバオの中心街なので、ここからはどこに行くにも便利な場所です。そのために集合場所としてもよく使われます。

僕のオススメのお店

Gmallの2階にあるお店「パンダシュガー」のタピオカは群を抜いて美味しいです。タピオカジュースを毎日のように飲む僕が一番オススメのお店です。ぜひ試してみてください!!

子供が楽しめるスポット【Altitude Indoor Trampoline Park】

施設内にはトランポリンや子供用のボルダリングがあるために雨の日で行く場所がないという家族にはオススメのスポットです。

トランポリン施設の入り口にはゲームセンターがあったり、徒歩圏内にSMモールがあるために観光地とは少し違いますが、本当に行くところがない方にはオススメできます。

基本情報

観光地名称:Altitude Indoor Trampoline Park

住所:J.P. Laurel Ave, Buhangin, Davao City, 8000 Davao del Sur

電話番号:+63 82 224 9359

営業時間:月〜金(11:00〜22:00)土日(10:00〜22:00)

定休日:なし

入場料:下記にて詳細

アクセス

空港からはタクシーでおよそ20分、ダバオの中心地(Gmall)からはおよそ15〜20分で行くことができます。場所としてはSMモール正面出入り口を出て右側、徒歩5分圏内にあります。

入場料

月〜木金〜日
1時間250P(500円)450P(900円)
2時間350P(700円)650P(1300円)

※靴下貸出100P

まとめ

晴れの日に行くことのできる観光地に比べて数は少ないかもしれませんが、雨の日でも十分に遊ぶことのできる観光地や施設もたくさんあります。

今回紹介したGmall以外にもSMモール(lanangとcity)、abreezaモール等々もあるので他のモールに行ってみるのもアリかもしれませんね。Gmallとは全く違うお店やレストランがあるので違った雰囲気を楽しむことができます。

ダバオの絶対外さないオススメ観光地9選!晴れの日はココで決まりあまり観光地として知られていないフィリピンのダバオですが、実はたくさんの観光スポットがあることをご存知ですか?あまり知られていないために...
【長期滞在者がオススメする!】ダバオの一押しレストラン8選!海外に滞在する短期間くらい少し贅沢に食事をしたいものです。そこで今回はフィリピンのダバオに2年間滞在していた僕がオススメするダバオのレス...