英検

英検2級の難易度と合格率を分析!TOEICと比較した結果。

30万人が毎年受験するというデータがある英検2級は果たしてどれくらいのレベルで、どれくらい勉強すれば合格できる検定なのでしょうか?

気になる方も多くいるとは思いますが、残念ながら英検の合格率は公式発表されていません。

という事で今回は、英検2級のレベルを出題単語数、TOEICスコア、一般的に言われている合格率から解析していこうと思います。

英検2級のレベル

一般的に言われる合格率

英検2級一次試験の合格率は25〜30%!

英検2級二次試験の合格率は80%前後!

英検2級の合格率は20〜25%!(っと言われている。)

英検2級の合格率はデータが公開されていないために正確な数値が分かりません。

ですが、一般的には英検2級の合格率は20〜25%と言われています。

受験者数30万人というデータがあるので毎年10万人近くが英検2級に合格している計算となります。

英検3級の合格率が50〜55%、英検1級の合格率が9〜10%と言われているので、その間である英検2級は20〜25%であっても納得がいきます。

出題単語数

英検2級に出題される単語数は約5000個

試験の回次毎に出題単語数は前後しますが、基本的には英検2級に出題される英単語数は5000個と言われています。

5000英単語を覚えていれば英検2級問題の90〜95%は理解できると言われています。

この単語数は大学入試レベルと言われており、中学校(約1000単語)と高校(約4000単語)でしっかり英語勉強した場合に覚えている単語数です。

高校で少しでも英語勉強を怠った場合は5000英単語に達していないと言えます。

TOEICスコアだと…

英検2級をTOEICスコアで例えると600点!

10〜990点満点で評価されるTOEICテストでは、英検2級=600点のレベルと言われています。

TOEIC600点のレベルはTOEIC受験者が最初に目指す点数であり、就活や転職時に企業が評価する最低点数です。

レベル的には大学入試レベルであり、簡単な日常会話が成り立つレベルだと言われています。

英検2級取得に必要な時間

英語初心者が一から始めて900〜1000時間!

個々の持つ英語能力、勉強スタイルによって時間は異なりますが、初心者が英検2級に必要な時間はおよそ1000時間です。

英検勉強前に基礎的な英単語や文法を習得するだけでも600〜800時間は必要になります。

英検2級であれば基礎がある程度備わっており、5000単語に近い単語数を覚えておけば英検用の勉強はそれほど必要無いように感じます。

英検2級のレベル

英検2級は中学校と高校でしっかり勉強していれば合格できるレベルです。

合格率、合格者数、出題単語数、TOEIC比較から解析した結果、英検2級は初心者でも5,6ヶ月しっかり勉強すれば取得可能なレベルだと言えるでしょう。

仕事の合間などをフル活用して英語学習して行けば6ヶ月以内に合格できるレベルだと言えます。

英検2級の勉強法

英検2級の勉強法(一次試験)

①英単語+熟語の学習

②英文法の学習

③長文読解の学習

④英作文の学習

⑤リスニングの練習

英検2級に出題される英語レベルは大学入試レベルという事で小中高としっかり英語勉強をしていないと合格は難しいです。

英語初心者の方が英検2級合格を目指すのであれば、基礎英語の学習も必須となります。

基礎英語がある程度できるという自信がある方は英検2級まで後一歩なので以下のように勉強して行く事をオススメします!

①英検2級用の英単語・熟語の習得

英検において最も重要なのは”英単語・熟語”です。

一次試験、二次試験共に必要となってくるので特に力を入れて勉強する必要があります。

そこで必須となる参考書が「でる順パス単 英検2級」です。

コレ一冊を習得しておけば英検2級合格に必要な英単語と熟語はバッチリ!

②③④英文法・長文読解・英作文の習得

英検において一番難しく、点数を取るのが難しい分野が「長文読解・ライティング(英作文)」です。

基本的にリスニングパートの正解率90%、リーディングパートの正解率50%くらいで狙っていくのが英検2級の戦略ですが、リーディングパートで出来るだけ点数を稼げると安心です。

そこで必須となる参考書が「英検2級 総合対策教本」です。

この参考書には初心者でも分かりやすいように詳しく解説してあり、コレ一冊学習しておけば英検2級リーディングパートの正解率は大幅に上がります。

英単語と熟語をしっかり習得してから取り掛かる事をオススメします。

⑤リスニングの練習

英検2級のレベルを考えると9割以上の正解率が必要となってくるリスニングパート。

英検3級と比較するとかなりレベルが上がっているために、参考書を購入してのリスニング対策が必要となってくるでしょう。

そこでオススメは文部科学省後援の「英検2級リスニング問題120」です。

日本の行政機関の一つである文部科学省が後援して出版している参考書です。

最低でもコレ一冊は完璧にしてから本番に望みたいところ。

英検2級の勉強法(二次試験)

①スピーキングの練習

英検3級二次試験では90%以上あった合格率が二次試験では80%と言われているために、難易度はそれなりに上がっています。

合格率からしても油断はできないために二次試験前にしっかり練習する必要があるでしょう。

そこで必要となる参考書は「文部科学省後援 英検2級二次試験予測問題」です。

英検二次試験に関する予測問題や面接映像がインターネット上にはあまり無いために、参考書を購入して自主練習する必要があります。

もっとシンプルな勉強法


以下のような方はオンライン英会話「mytutor」を利用すべき!

「結局、何を勉強したら良いのか分からない…」

「勉強すべき参考書が多すぎる…」

「面接の練習には先生が必要でしょ!」

mytutor」では英検2級合格に必要な英単語、熟語、文法、作文、面接、スピーキングの全てを本格的に受講する事ができます。

自主学習ではなかなか勉強する事が難しい二次試験の面接も本番形式で先生と学習する事が可能です!

英検2級の合格率まとめ

・英検2級の合格率は20〜25%(一次試験25〜30%、二次試験80%前後)

・年間の受験者数は約30万人、合格者は約10万人

・出題単語数は約5000英単語、TOEICスコアでは600点レベル

・中学と高校の英語をしっかり勉強していれば合格可能レベル

・初心者が英検2級を取得するには約1000時間必要

上記で紹介してきた通り、英単語数とTOEICスコアから分かる英検2級のレベルは日常英会話レベルです。

英語初心者が一から勉強して英検2級に合格しようと思えば少なくとも4000英単語、英文法、熟語、リスニング等々を学習する必要があるために約1000時間かかります。

英検3級と比較すると合格率はかなり低くなっているために、それなりの勉強が必要となりそうです。

英検3級の合格率について解説、勉強しなくても大丈夫って本当?最近では小学生や中学生から受験するようになってきた英検3級ですが、合格率はどれくらいか気になりますよね。 英検3級は1級,2級と比...
英単語の覚え方はコレ一択!英語嫌いな私が6000個覚えた方法英単語の勉強って正直つまらないし、辛いですよね? 実際に筆者も単語帳を2冊(約6000語)覚えた時は何度もモチベーションを失いまし...
英検対策は【mytutor】

英検対策をオンラインで出来るのはココだけ。

・最短で英検1〜5級が欲しい方

・「英単語、熟語、文法、英作文、面接、スピーキング」に対応

・二次試験対策も実践問題を使って本格レッスン

気に入らなければ2回無料体験をして止めればオッケー!