TOEIC600点問題集

【TOEICの教科書】Part5第七章

TOEICリーディングpart5

どの問題の選択肢も4個中2個は文章とは全く違うために、2個の選択肢に絞ることができます。2択からは自分の培ってきた知識や経験が答えを導き出してくれます。

問題⑲【出題率

The anniversary celebration of Jinhua Inc. is scheduled to be held at Evergreen Gardens ________ the weather conditions forecasted next week.

(A)apart from

(B)regardless of

(C)nonetheless

(D)however

選択肢の日本語がわかりますか?どれもあまり見たことのない単語ばかりですね。

単語の意味さえ知っていれば簡単に解くことのできる問題です。

 

 

正解は(B)regardless of です。

解説を見ていきましょう!

⬇︎Here We Go⬇︎

文章の日本語訳は以下の通り

Jinhua法人の周年記念式典は来週予報される天候に構わずEvergreen Gardensで開催される予定です。

上級者の考え方は以下の通り

上級者の考え方…”開催物”+”天気予報”を繋げることのできる単語はだいたい予予想できる。”〜にも構わず、〜にお構いなしに”という物を選択肢から選ぼう

 各選択肢の解説は以下の通り!

(A)apart from は「〜と離れて、〜はさておき」という意味です。

【例文】

・Apart from her attitude,she is all right.(彼女の態度を除けば、彼女に申し分はない)

・He lives apart from his family.(彼は彼の家族と離れて暮らしている)

(C)nonetheless は「それとは関係なく」という意味です。

日本語で聞くと(B)regardless of と日本語は変わらないような感じがしますが、nonethelessの意味としては「しかしながらそれとは関係なく」という意味が強いです。

【例文】

・There are a lot of holidays in the month of August. Nonetheless,we still have to work on those days.(8月はたくさんの休日がある。しかし私たちは働かなければならない。)

(D)however は「しかしながら」という意味です。

これも(C)nonetheless と同じ意味で使用されます。nonethelessでは使用できない場面もいくつかあるためにhoweverを頻繁に使用します。

【例文】

・I studied very hard.However, I couldn’t pass the exam.(私は必死に勉強したにも関わらずテストに合格できなかった)

問題⑳【出題率

_______ the security guard checked the front gates before leaving the building, he would have prevented the dogs from destroying the landscape adjacent to the lobby.

(A)had

(B)would

(C)should

(D)will

さてこの問題はどうでしょう?文法問題です。

パターンを知っていれば1秒で解くことができます。

 

正解は(A)had です。

では解説を見ていきましょう!

⬇︎Here We Go⬇︎

文章の日本語訳は以下の通り

警備員が建物を出る前に正門をチェックしていたら、彼は犬がロビーに隣接する風景画を破壊するのを防げたでしょう。

上級者の考え方は以下の通り

上級者の考え方…コンマの後ろに”he would have 過去分詞”があることから空欄に入る単語は1つしかない

詳しい解説は以下の通り!

この問題はお決まりパターンなので必ず覚えて置くようにしましょう。

”would have 過去分詞”という文法は”もし〜だったら〜できただろう、しただろう”という意味を表します。そのために前の文章は”if(もし〜だったら)という文章を繋げる必要があります。

この問題では”if”がありませんが“Had+主語+過去分詞”=”if”ということを覚えておくと良いでしょう。TOEICでは頻繁にこの問題が出るのでこれさえ覚えておけば瞬時に答えることができます。

問題㉑【出題率

Applications for the internship offered by the city government to less fortunate individuals should _______ at least three months prior the company’s founding anniversary.

(A)submit

(B)submitting

(C)be submitted

(D)has submitted

さてこの鉄板問題はどうでしょうか?

毎回TOEICテストでは100%出題される問題なので解けるようにしましょう。

 

正解は(C)be submitted です。

受け身ですね。解くことができましたか?

では解説を見ていきましょう!

⬇︎Here We Go⬇︎

文章の日本語訳は以下の通り

恵まれない人に市政府が提供するインターンシップの申請は、会社の設立記念日の少なくとも3か月前に提出する必要があります。

上級者の考え方は以下の通り

上級者の考え方…主語は”applications for the internship(インターンシップのための申込用紙)”ということがわかるので受け身を入れる必要があるな

 詳しい解説は以下の通り!

この問題の主語は”Applications for the internship offered by the city government to less fortunate individuals”この部分ですがかなり長いために全てを読む必要がありません。

英語では必要な部分が前に来ることから”Applications for the internship(インターンシップのための申込用紙)”が必要な名詞だとわかります。

そして申込用紙は提出される物であるために受け身にする必要があります。

結果として答えは(C)be submitted となります。

ちなみに”should+動詞の過去形(〜すべき)”に対して、“should+be+動詞の過去形(〜されるべき)”という意味になるので覚えておきましょう。

絶対に覚えておくべき単語

anniversary周年記念日(名詞)
forecast予報、予想(名詞)
regardless of〜に構わず、お構いなしに
apart from〜と離れて
nonethelessそれにも関わらず(副詞)
howeverどんなに〜しようとも、しかしながら(副詞)
prevent〜を妨げる、阻止する(動詞)
application申し込み、申込用紙(名詞)
applicant志願者、応募者(名詞)
individual個々(名詞)個々の(形容詞)

これらの単語が全て入った単語帳がこちら⬇︎

更にPart5、6を極めたい方はこちら⬇︎

次回の記事(Part5第六章)の問題はこちら⬇︎⬇︎⬇︎

_______ experienced marketing analysts didn’t expect the sudden downfall of the stocks this final quarter of the year.

(A)although

(B)even

(C)until

(D)soon

答えと解説は次の記事に載っているので確認してください。

...
【3ヶ月で845点取得実績!】効率良く勉強するための5つの習慣TOEICの勉強前にちょっとしたことを試すだけで勉強効率が良くなる方法をあなたはご存知ですか? 5つのことをやるだけで、より効率良...