フィリピン旅行情報

「マニラ首都圏を封鎖!」フィリピンのコロナ対策を翻訳解説!

今や世界中で大流行のCOVID-19(コロナウイルス)の対策としてフィリピン政府は12日夜にマニラ首都圏を3月15日〜4月14日の1ヶ月間封鎖すると発表しました。

そして、「マニラ首都圏封鎖」と同時に4つの禁止事項、自粛事項も発表されています。

今回はそんなフィリピン政府のコロナ対策をフィリピン記事を翻訳して解説していきます。

マニラ首都圏封鎖の内容

マニラ首都圏封鎖の措置

「マニラ首都圏⇄フィリピン国内の他地域」これら間の出入りを完全に禁止

フィリピンのマニラでは3月8日まで感染者数10名でしたが、それ以降急激に増加してしまった事もあり3月15日からはマニラ経由の陸路、海路、空路全ての交通手段を遮断する措置を取りました。

このためにマニラ首都圏は事実上封鎖され、12日夜のフィリピン政府が発表時点では1ヶ月間(3月15日〜4月14日)禁止されます。

フィリピン政府が発表したコロナ対策

フィリピン政府はCOVID-19(コロナウイルス )の警戒レベルを”非常事態発生レベル2(最大レベル5)”に引き上げました。

これによって以下のような影響がマニラ首都圏には与えられます。

旅行制限が課せられる

COVID-19(コロナウイルス )の感染者が報告されている国からの個人の入国制限が実施

フィリピン国民を除き、コロナウイルスの感染者が報告されている国の国民はフィリピンへ入国する際に制限が課せられます。

どのような制限かは発表されていませんが、入国者の経過観察などがあるでしょう。

国内旅行の一時中止

「マニラ首都圏⇄フィリピン国内の他地域」の交通機関が停止

マニラだけではなく地域によっては旅行制限を出している地域もある

マニラ首都圏の陸路、海路、空路全ての交通手段が停止している事からマニラ経由の国内旅行はできません。

そして、マニラだけではなく他地域も旅行制限を出している場合があります。

例えばダバオ市ではダバオ市長が以下のように発表しています。

ダバオ市ガイドライン

①全てのダバオ市民はダバオ市から出る事を禁止する

②全ての短期間旅行者はダバオ市から直ちに出る事をオススメする

③全てのダバオ市に旅行予定の旅行者は公衆衛生緊急事態が解除されるまで、訪問を延期する事が求められる

集会の禁止

デモやコンサートを含む計画的または自発的な集団集会が禁止

期間は発表されていませんが、当面の間多くの人々が集まる集会が禁止となりました。

宗教による集まりは禁止されていないようです。

学校の一時停止延期

マニラ首都圏の全ての学校は4月12日まで閉校が延期、生徒は外出を自粛

マニラ首都圏及び指定地域では4月12日まで閉校が延期されました。

また生徒は外出を控えるようにと政府から発表されています。

鉄道・仕事は引き続き運営

マニラ首都圏内の電車、地下鉄は引き続き運営

仕事は適切な距離を維持し継続許可

マニラ首都圏の鉄道事業は追々ガイドライン(列車内の社会的距離)を発表する条件で引き続き運営されます。

そして、仕事に関しても労働力を安全に確保するためのガイドラインを発行し引き続き運営すると発表が出ています。

フィリピンのコロナ対策まとめ

マニラ首都圏封鎖について

・旅行制限が課せられる

・国内旅行の一時停止

・集会の禁止

・学校の一時停止延期

・鉄道・仕事は引き続き運営

12日にフィリピン政府から発表された内容は「マニラ首都圏封鎖」という事でしたが、今後はセブ島やその他地域が対象となる可能性も十分にあります。

フィリピンへは語学留学で行く方が多くいますが、当面の間はフィリピン留学を避けた方が良さそうです。

日本国内やあなたの家でも英語勉強は可能です。

しばらくの間はコロナ感染リスクゼロの英語勉強を行っていきましょう。

お気に入りジブリ映画で英語勉強【英語能力がグンッと向上!】

8つのおすすめインスタグラムで英語勉強【2020年最新版】

【お金に無駄のない】チケット制のオンライン英会話教室とは

こちらの記事はTopGearPhilippinesの記事を参考に翻訳させて頂きました。

自宅で出来る英語勉強法!コロナ防止&節約&英語の一石三鳥!世界中・日本中で日々増加し続けるコロナウイルス (COVID-19)のために日本政府は”不要不急な外出を控えるように”と呼び掛けています...
お気に入りジブリ映画で英語勉強【英語能力がグンッと向上!】ドラマや映画で英語勉強しようと思っても全然続かないし、すぐに飽きてしまう。 だったら洋楽で英語勉強しよう…と思ってもすぐに英語勉強...